• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
愛と科学で済生を
  • TOP >>
  • 後期研修医募集
東京歯科大市川総合病院サイト

心臓血管外科 後期研修医募集案内

後期臨床研修プログラム

後期臨床研修プログラムの目的

心臓血管外科医として必要な技術,知識,品格のバランスのとれた医師の育成を目的とする.

後期臨床研修の対象者,研修期間

2年間の初期臨床研修修了者あるいは現在の臨床研修システム以前に研修を終えている医師を対象とし,研修期間は原則3年以内とする.

研修プログラムの特色

当科においては,患者中心,世界標準の治療を行うことを基本的理念として循環器科,麻酔科等関係各科との緊密な協力,連携のもと,迅速で質の高い,患者に優しい医療を提供できるよう心掛けています. 経験豊かな指導医のもとに,研修医はこうした医療の中における自分の役割を認識するとともに,1人の患者,疾患を通して診断・手術適応・手術・周術期管理・予後などを包括的に学ぶことができます.
当科ではEBM (evidence based medicine)を実践しており,医学的根拠に基づいた医療がいかに大切かを研修することができます.

心臓血管外科研修だけではなく,希望により研修途中で当院の循環器科研修も可能で,循環器系医師を目指しているが,外科系か内科系か最終決定していない研修者が総合的な循環器系医療の研修を行うのにも最適です. また,当院には腹部・末梢血管外科の専門医師も勤務しており,心臓・大血管外科に加え腹部・末梢血管外科研修(末梢動脈および大動脈ステント治療を含む)も可能です.
当院ならびに当科は,慶應義塾大学病院ならびに同・心臓血管外科の関連施設であり,当院での研修中及び研修終了後に慶應義塾大学心臓血管外科およびその関連施設での研修も可能です. 研修終了後,希望者には,当院への就職,あるいは慶應義塾大学心臓血管外科の一員として首都圏および関東各県の慶應義塾大学心臓血管外科関連施設への就職を斡旋します.

当院心臓血管外科の特徴

当科は,成人心臓大血管手術を主な対象疾患としており,冠状動脈疾患,心臓弁膜症,大動脈疾患,成人先天性心疾患,ペースメーカー移植術などほとんどの心臓血管外科手術を守備範囲としています. また市川・浦安地域の基幹施設として,緊急手術,再手術,高齢者,透析患者などハイリスク症例の手術にも積極的に取り組み他施設と比較しても良い成績を得ています.

2005年5月の心臓病センター,心臓血管外科開設以来,手術件数は増加傾向であり(2009年は,開心術・人工心肺症例107例),今後さらに増加していくと予想されます.

冠動脈バイパス手術では,人工心肺を用いた従来法はもちろん,低侵襲術式である人工心肺を用いない術式(Off-pump coronary artery bypass: OPCAB )も適切に行っています. また,年齢にかかわらず,長期開存率の良い動脈グラフトを積極的に使用しています. また心筋梗塞の合併症である心室中隔穿孔,左室自由壁破裂,左心室瘤に対しても最新の術式を取り入れています. 大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症及び僧帽弁狭窄症においては年齢,心房細動の有無,ADLなどを考慮した上で置換する弁の選択を行います. 僧帽弁閉鎖不全症例においては年齢に関係なく可能な限り弁形成術を積極的に行っています. また合併する心房細動に対する外科的処置も症例を選んで行っております.

胸部大動脈瘤,急性大動脈解離に対しては,体外循環法の工夫により脳合併症及びその他の合併症,死亡例はなく好成績を得ています.

行動目標
  1. 医の倫理に基づく適切な態度と習慣の習得
    指導医による指導ならびに患者さん,医療スタッフやコメディカルからフィードバックを受けながら,医師としての倫理に基づいた適切な態度を身につける.
  2. チーム医療の一員としての役割認識・行動
    医療チームの構成員としての役割を果たす. 同僚医師や他科医師とのdiscussion, consultationができる. 看護師,薬剤師,MEなどco-medical のメンバーと良好な関係を築く.
  3. 医療安全管理・セーフティマネジメントの研修
    医療過誤・医療訴訟・リスクマネジメントに関しての講演会に参加しセーフティマネジメントについての研修を深める.
  4. 生涯学習の基本習得および実行
    術前カンファレンスや内科外科合同カンファレンスでのアンギオ読影や抄読会の演者をつとめ,学会・研究会に積極的に参加し循環器病に関する最新の知見に接し,常に知的好奇心を喚起する. また,専門医の指導のもと学会発表及び論文執筆を行ってもらい,その過程において,研究に対する姿勢と方法を学び,生涯学習の基礎を身につける.
  5. 医療経済・保険の研修
    専門医の指導のもと医療とそのコストについての認識を深めるとともに適切な保険医療について研修する. また,身体障害者医療・更生医療・労災医療などに関する知識も研修する. 医療経済や保険制度に関する講演会にも参加し,その理解を深める.
  6. 専門技術の習得
    下記に示す心臓血管外科に関する専門技術を習得する.
経験目標

Ⅰ 手術手技

1年目 開胸(胸骨正中切開),ペースメーカー交換術を術者として行う.
末梢動脈の露出,体外循環のカニュレーション,SVG 採取,橈骨動脈グラフト採取の助手をつとめたのち術者を行う.
研修期間中の心臓大血管手術において,可能な限り第2,第3助手をつとめる.
人工心肺・PCPS 回路を理解し,準備・接続ができる.
2年目 ASD 閉鎖術,ペースメーカー移植術,中口径動脈の血管吻合術・露出術,体外循環のカニュレーション,SVG 採取,橈骨動脈グラフト採取などを術者として行う. 単弁置換術,腹部大動脈置換術(腎動脈以下)の第1助手をつとめる.
3年目 CABG,OPCAB,複合弁手術,胸部大動脈瘤及び急性大動脈解離に対する大動脈再建術の第1助手をつとめる.
内胸動脈採取,単弁置換術,心臓粘液腫摘出術,比較的単純なCABGなどを術者として行う.

Ⅱ 検査・治療手技

1年目 セルジンガー法による大腿動静脈の穿刺を術者として行う.
スワン・ガンツカテーテル及び中心静脈カテーテル挿入を術者として行う.
ベッドサイドにおける超音波検査の助手をつとめる.
2年目 IABP 挿入,PCPS挿入の第1 助手をつとめる.
ベッドサイドにおける超音波検査を術者として実施する.
3年目 IABP挿入,PCPS挿入を指導医のもと術者として行う.
超音波ガイド下に指導医のもと胸腔穿刺及び心嚢穿刺を行う.

Ⅲ 病棟業務

指導医の指導のもとに5~10人の患者を受け持つ. 問診および身体的診察を行い,その所見と基本的検査の結果から,必要な検査を選択し,治療計画をたて,実行する. 必要に応じ患者・家族からインフォームド・コンセントを得る.
カンファレンスにおける症例呈示,discussionを通して診察手技・検査結果の判断および治療計画の妥当性を検証し,理解を深める.

1年目 個々の心臓大血管疾患の理解と患者の全身状態の評価ができ,治療計画を理解できる.
患者に密着して,各手術の術前・術中・術後の流れを理解する. 薬剤投与法及び選択,輸血療法,人工呼吸器の設定や離脱適応,離脱方法等の理解を深め,循環・呼吸管理,感染対策などの周術期管理を行う.
自分が行う手術・検査について適応・手技・合併症・結果について患者に説明し,承諾を得る.
2年目 心臓大血管疾患に対する手術療法の理解を深め,治療計画の策定に参加する. 薬剤の選択と調整,人工呼吸器からの離脱等の周術期管理に習熟する. 随時,患者・家族に病状・経過の説明ができる.
3年目 周術期管理の計画をたてて実行する. 受け持ち患者の手術適応・術式について自分自身の考えに基づき原案を策定しカンファレンスで呈示する.
後進を指導し,中心となって治療計画を策定する.

Ⅳ 学術活動

指導医の指導のもとに,学術集会(総会・地方会・研究会)において心臓血管外科に関する研究及び症例報告を演者として年1回以上行う. 学術誌に年1編以上症例報告を発表することを目標とする. 国内主要学会参加(諸費用支給). 希望者には,研修期間内に米国胸部外科学会または欧州胸部外科学会の参加可(交通費,宿泊費等支給)

週間スケジュール

  1. 手術カンファレンス: 術前患者について手術適応、方法などを検討 週1回
  2. 心臓病センター合同カンファレンス(循環器科・心臓血管外科): 術前・術後患者につき治療方針・経過・結果を検討 週一回
  3. 病棟回診: 毎日(月曜から土曜まで)朝,夕の2回(土曜日は朝のみ)
  4. 全員回診: 毎週金曜,内科外科合同カンファレンス後,心臓血管外科医およびMEによる回診
  午前 午後
  8:30~ 9:00~ 13:30~
回診 病棟業務 外来(スタッフ)
病棟業務
回診
回診 手術 回診
回診 病棟業務 外来(スタッフ)
病棟業務回診
回診
回診 手術 回診
回診 病棟業務 外来(スタッフ), 病棟業務
合同カンファレンス, 回診,手術カンファレンス
  回診,病棟業務 オンンコール体制
  回診(当番制) オンンコール体制

定員・資格・選考方法

  1. 1~2名の後期臨床研修医を採用予定.
  2. 2年間の初期臨床研修修了者,及び現在の臨床研修システムになる以前に研修医を修了した者も可.
  3. 選考は当科部長及び研修担当指導医にて面接を行います.
  4. 応募は随時受け付けております.
  5. 手術見学や施設見学など希望に応じて随時行いますので直接連絡して下さい.

待遇・住居

  1. 月額 約 450,000円(税込)(別途賞与あり)+ 週半日~1日の院外勤務または院外研修も可能(具体的な収入など詳細は直接問い合わせて下さい).
  2. 私学共済に加入(健康保険・年金など).
  3. 病院の近くに瀟洒な単身者用職員宿舎あり.
  4. その他,契約リゾート施設,フィットネスクラブあり.

プログラム修了認定

研修期間終了後に当科部長及びスタッフにて研修中の成果を評価し認定し修了書を発行します.

研修終了後について

  1. 当院ならびに当科は,慶應義塾大学病院ならびに同・心臓血管外科の関連施設であり,当院での研修中及び研修終了後に慶應義塾大学心臓血管外科およびその関連施設での研修も可能です.研修終了後,希望者は,当院への就職,慶應義塾大学心臓血管外科の一員として首都圏および関東各県の慶應義塾大学心臓血管外科関連施設への就職が可能です.
  2. 心臓血管外科専門医取得にあたっては現在,外科専門医の取得が必須条件となります.そのため,一般外科症例の経験数が不足している場合,希望者には,当プログラム中あるいは終了後に当院一般外科または慶應義塾大学関連施設での一般外科研修を考慮します.
連絡先
TEL:047-322-0151(代表)・内線:4223(申)・4235(森)
住所:〒272-8513 千葉県市川市菅野5-11-13
東京歯科大学市川総合病院 心臓血管外科
研修指導責任者 申 範圭(部長・教授) shin@tdc.ac.jp
研修担当指導医 森 光晴(医長・講師) mmori@tdc.ac.jp
交通アクセスはこちら
TAVI東京歯科大学市川総合病院当院 循環器内科当院 血管外科慶應義塾大学心臓血管外科後期研修医募集のお知らせ